計画的にためる事がきっかけ

自分は目下33歳ですが本格的に預金を始めたのはこっち3クラス事前当たりからです。それまでは明確な預金の決まりなどは決めておらず計画的にお金が貯まらないという先入観でした。しかし30代にもなってまとまったストックも無いはとっても恥ずかしいので計画的に預金を行うことにしたのです。
まず最初に行った事は、ポッケを隔てる事です。金額のポッケ、預金専用のポッケ、何か臨時の支出が会った時にだけ使用するポッケと3つのポッケを持ちました。
金額が入ったらアッという間に預金用のポッケと一時支出用のポッケに自分で決めた合計を入金行なう。これによって一定の金額は預金する事ができました。ちっちゃな重ねかもしれませんがこれが大切だと自分は思います。
また預金による外敵を捉えたくない自分は預金以外で余った富は自由に使う面としてある。勿論預金は大切ですがそれほど暮しを圧迫してまでやる事はないかなとも考えているからです。私のような浪費家でもポッケを分かれる事によって計画的に預金ができるようになりました。富の動きをつかむ事も便利ですしお金が溜まっていく嬉しさもあります。なによりまとまった預金があるは、自分自身に精神的な余剰を与えてくれているような気がしています。つむじハゲが気になる方はこちらから